ホーム
楽器
ケース
  • アコースティックギター用
    エレキギター,ベース用
  • OPTIMA
小物・パーツ
セール・フェア情報
ハナバッハ
クラシックギター弦
« 弦のページへ戻る
« Artists »
Tomonori Arai - 新井 伴典

東京、渋谷生まれ。6才よりギターを父、和夫に師事。ジュニアギターコンクール・学生ギターコンクール・第6回スペインギター音楽コンクールで優勝し、92年ドイツ国立ケルン音楽大学入学。2000年ドイツ国家演奏家資格コース終了。ドイツ滞在中にヨーロッパ各地の主なコンクールで入賞する。現在までに原 善伸、佐々木 忠、ゾーラン・デュキッチ、トーマス・ミュラー=ぺリングに師事。ALM RECORDSより3つのソロアルバム「アブリール(2005年)」「スペインの城(2006年)」「シンプル・エッセンス(2011年)」はいずれも『レコード芸術』誌にて特選盤に選出、GGレーベルよりアルポリール・ギタートリオ「アルポリズム(2006年)」、ウッドノートスタジオレーベルより松田弦とのギターデュオ「夏の列島(2011年)」、宮下仁司とのギターデュオ「夏国のアクア(2014年)」をリリース。2016年4月にはオクタヴィアレコードよりフルート奏者の上野由恵とのアルバム「ピレネーを越えて」を発表。同年8月には一人の作曲家に光を当てる”ワン・コンポーザー・シリーズ”の第1弾として「ジャック・イベール作品集」を松田弦と共にリリース。2013年と2015年はJELA(日本福音ルーテル社団)主催の”世界の子ども支援チャリティコンサート”にフルート奏者の上野由恵と出演し全国12ヶ所のツアーを行う。最新CDは2017年松田弦とのワン・コンポーザーシリーズ第2弾、「12のスペイン舞曲~エンリケ・グラナドス作品集」。現在までにドイツ、ポーランド、オーストリア、イタリア、チェコ、ベルギー、フランス、タイ、フィリピン、インドネシア、ネパール、ベトナム、韓国で演奏。後進の指導にも努め、門下生の入賞歴は国内外のギターコンクールを含め150を超える。上野学園大学クラシックギター科非常勤講師(大学、短大、高校、中学)。現代ギターGG学院講師。
http://www.arai-guitar.com