ホーム
楽器
ケース
  • アコースティックギター用
    エレキギター,ベース用
  • AUGUSTINE
  • OPTIMA
小物・パーツ
セール・フェア情報
松島 哲志 (まつしま さとし)
1980年生まれ。長年マンドリン製作を手掛けている藤丸・宮野氏の下でマンドリン製作を学び、イタリアの名器、カラーチェ・ヴィナッチャ・エンベルガー等の修復も数多く経験してきた。藤丸・宮野モデルに無い新たな要素を取り入れて、音作りに挑戦している。
マンドリン ・マンドラ ・マンドロンチェロ
 マンドリン ※仕様・価格が予告無く変更される事や、掲載画像が最新のものではない場合があります。
在庫状況は担当者にご確認下さい。
MS-1bis
ローズウッドボディ
¥180,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: ドイツ松
ボディ: ローズウッド
指板: 黒檀
ポジションマーク: ホワイトパール模様、帯状
        (サイドは白蝶貝ドット)
塗装: ラッカー艶消し
握り形状: 丸みのある三角
指板面: わずかに曲面仕上げ
松島マンドリンのエントリーモデル改良版。コロコロというマンドリン特有の心地良い音色がどの音域でも得やすい楽器です。
糸巻きはゴトーの特製品。普及品より弦穴の位置を低くしてナットから弦穴への角度を適正にし、さらに軸ブレ防止機構を備えることで、音の曇りと弦を巻いた軸のぐらつきを無くしました。ツマミはホワイトパール模様で気品が漂っています。
1920、1930年代に作られた名器と呼ばれるイタリアマンドリンの中に、ボディサイドとボトム部分の飾り板が無いものがありますが、それらの多くは音が非常に伸びやかでバランスが良いということに気付きます。このスタイルのマンドリンは、その製作の困難さから現在ではほとんど作られていません。
しかし、トレモロが綺麗に鳴ってダイナミックレンジが広く、ピッキング時にもサステインのある音で弾けるマンドリンが作りたいという強い思いがあり、製作するに至りました。
宮野マンドリンと同様に弾き易さと正確な音程を仕様として織り込み、非常に弾き易い楽器に仕上がっています。

MS-2bis
メイプルボディ / トーチインレイ(白蝶貝)
¥220,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: ドイツ松
ボディ: ヨーロピアンメイプル
指板: 黒檀
ポジションマーク: ホワイトパール模様、帯状
        (サイドは白蝶貝ドット)
塗装: ラッカー艶消し
握り形状: 丸みのある三角
指板面: わずかに曲面仕上げ
松島マンドリンの中位モデル。MS-2の改良版。ヘッドに美しいトーチインレイが入っています。コロコロというマンドリン特有の心地良い音色がどの音域でも得やすく、メイプルボディによって豊かに響きます。
糸巻きはゴトーの特製品。普及品より弦穴の位置を低くしてナットから弦穴への角度を適正にし、さらに軸ブレ防止機構を備えることで、音の曇りと弦を巻いた軸のぐらつきを無くしました。ツマミはホワイトパール模様で気品が漂っています。
1920、1930年代に作られた名器と呼ばれるイタリアマンドリンの中に、ボディサイドとボトム部分の飾り板が無いものがありますが、それらの多くは音が非常に伸びやかでバランスが良いということに気付きます。このスタイルのマンドリンは、その製作の困難さから現在ではほとんど作られていません。
しかし、トレモロが綺麗に鳴ってダイナミックレンジが広く、ピッキング時にもサステインのある音で弾けるマンドリンが作りたいという強い思いがあり、製作するに至りました。
宮野マンドリンと同様に弾き易さと正確な音程を仕様として織り込み、非常に弾き易い楽器に仕上がっています。


MS-3bis
ローズウッドボディ / トーチインレイ(白蝶貝)
¥300,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: 最高級ドイツ松
ボディ: 最高級厳選ローズウッド
指板: 厳選黒檀
ポジションマーク: 白蝶貝、帯状(サイドはドット)
塗装: ラッカー艶あり
握り形状: 丸みのある三角
指板面: わずかに曲面仕上げ
松島マンドリンの上位モデル。ヘッドに美しいトーチインレイが入っています。コロコロというマンドリン特有の心地良い音色がどの音域でも得やすく、最高級のローズウッドボディによって粒立ち良くきれいに鳴ります。
糸巻きはゴトーの特製品。普及品より弦穴の位置を低くしてナットから弦穴への角度を適正にし、さらに軸ブレ防止機構を備えることで、音の曇りと弦を巻いた軸のぐらつきを無くしました。ツマミは象牙模様の落ち着いた色合いです。
1920、1930年代に作られた名器と呼ばれるイタリアマンドリンの中に、ボディサイドとボトム部分の飾り板が無いものがありますが、それらの多くは音が非常に伸びやかでバランスが良いということに気付きます。このスタイルのマンドリンは、その製作の困難さから現在ではほとんど作られていません。
しかし、トレモロが綺麗に鳴ってダイナミックレンジが広く、ピッキング時にもサステインのある音で弾けるマンドリンが作りたいという強い思いがあり、製作するに至りました。
リブの枚数はMS-1bis、2bisの倍の38枚であり、また、宮野マンドリンと同様に弾き易さと正確な音程を仕様として織り込みながらも、大変お求め易い価格でご用意致しました。


MS-4bis
メイプルボディ / トーチインレイ(白蝶貝)
¥350,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: 最高級厳選ドイツ松
ボディ: 最高級厳選ヨーロピアンメイプル
指板: 厳選黒檀
ポジションマーク: 白蝶貝、帯状(サイドはドット)
塗装: ラッカー艶あり
握り形状: 丸みのある三角
指板面: わずかに曲面仕上げ
松島マンドリンの最上位モデル。ヘッドに美しいトーチインレイが入っています。コロコロというマンドリン特有の心地良い音色がどの音域でも得やすく、最高級のヨーロピアンメイプルボディによって迫力のある豊かな響きが得られます。
糸巻きはゴトーの特製品。普及品より弦穴の位置を低くしてナットから弦穴への角度を適正にし、さらに軸ブレ防止機構を備えることで、音の曇りと弦を巻いた軸のぐらつきを無くしました。ツマミは象牙模様の落ち着いた色合いです。
1920、1930年代に作られた名器と呼ばれるイタリアマンドリンの中に、ボディサイドとボトム部分の飾り板が無いものがありますが、それらの多くは音が非常に伸びやかでバランスが良いということに気付きます。このスタイルのマンドリンは、その製作の困難さから現在ではほとんど作られていません。
しかし、トレモロが綺麗に鳴ってダイナミックレンジが広く、ピッキング時にもサステインのある音で弾けるマンドリンが作りたいという強い思いがあり、製作するに至りました。
リブの枚数はMS-1bis、2bisの倍の38枚であり、また、宮野マンドリンと同様に弾き易さと正確な音程を仕様として織り込みながらも、大変お求め易い価格でご用意致しました。
 マンドラ ※仕様・価格が予告無く変更される事や、掲載画像が最新のものではない場合があります。
在庫状況は担当者にご確認下さい。
MSD-1
ローズウッドボディ
¥250,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: ドイツ松
ボディ: ローズウッド
指板: 黒檀
ポジションマーク: サイドのみ
塗装: ラッカー艶消し
握り形状: 丸みの大きい三角
指板面: わずかに曲面仕上げ
松島マンドラ。
糸巻きはゴトーの特製品。普及品より弦穴の位置を低くしてナットから弦穴への角度を適正にし、さらに軸ブレ防止機構を備えることで、音の曇りと弦を巻いた軸のぐらつきを無くしました。ツマミはホワイトパール模様で気品が漂っています。
ボディサイドとボトム部分の飾り板が無い仕様です。音が非常に伸びやかでバランスが良く、張りがあります。
トレモロも綺麗に鳴ってダイナミックレンジが広く、ピッキング時にもサステインのある音で弾けます。
もちろん、宮野マンドラと同様に弾き易さと正確な音程を仕様として織り込んでいます。
 マンドロンチェロ ※仕様・価格が予告無く変更される事や、掲載画像が最新のものではない場合があります。
在庫状況は担当者にご確認下さい。
MSC-2
ローズウッドフラットボディ
¥200,000 (+税)
ケース別売 → こちら
表板: ドイツ松
ボディ: ローズウッド
指板: 黒檀
ポジションマーク: サイドのみ
塗装: ウレタン
握り形状: 丸みの大きい三角
指板面: ほぼ平面仕上げ
松島フラットチェロ。ショートスケール(弦長567mm)なので、フレット間の距離も短く、指が届き易くなっています。
ローズウッドボディ特有の芯のある引き締まった音色を楽しんで頂けます。
糸巻きはゴトーの単式。大きめのツマミで回し易いです。

※ヘッド、ピックガード、アームガード、パーフリング等のデザインが変更される予定です。予めご了承下さい。

発売元