ギター・バイオリン・チェロ・マンドリン・ウクレレの専門店 ギター バイオリン ショップ ロッコーマン

Home » クラシックギター » クラシックギター本体 » 19世紀ギター No Label ハカランダ

19世紀ギター No Label ハカランダ  (クラシックギター本体)


 
ボディ材:表板/松単板
横・裏板/スプルース・ハカランダ二重構造
パーツ材:ナット幅:約43mm
サイズ:弦長:605mm
新品/中古:中古
価格:ASK
ケース:中古ハードケース付
在庫:Sold!
備考:非常に美しい材が使用されている19世紀ギターです。裏板には非常に美しいハカランダ材が使用されており、ボディ内部にスプルース材が貼り付けられた二重構造となっております。弦長605mmは19世紀ギターの中でも短めの設計で、非常に柔らかく魅力的な音色です。全体的にしっかりとリペアされており、年代を考えると非常に良い状態です。ネックはやや順反り方向ですが、ほぼストレートで問題ございません。糸巻きも当時のオリジナルと思われる物で、異常無く動作しています。現代の楽器では絶対に出ない、美しく奥行きのある音色ですので、良い19世紀ギターをお探しの方は是非一度弾きにいらしてください。

 
ボディ材:表板/松単板
横・裏板/スプルース・ハカランダ二重構造
パーツ材:ナット幅:約43mm
サイズ:弦長:605mm
新品/中古:中古
価格:ASK
ケース:中古ハードケース付
在庫:Sold!
備考:非常に美しい材が使用されている19世紀ギターです。裏板には非常に美しいハカランダ材が使用されており、ボディ内部にスプルース材が貼り付けられた二重構造となっております。弦長605mmは19世紀ギターの中でも短めの設計で、非常に柔らかく魅力的な音色です。全体的にしっかりとリペアされており、年代を考えると非常に良い状態です。ネックはやや順反り方向ですが、ほぼストレートで問題ございません。糸巻きも当時のオリジナルと思われる物で、異常無く動作しています。現代の楽器では絶対に出ない、美しく奥行きのある音色ですので、良い19世紀ギターをお探しの方は是非一度弾きにいらしてください。



お問合せ・ご注文・見積り依頼: この商品に関するお問合せ・ご注文・見積り依頼は、お問い合せ・ご注文・見積り依頼フォームからお願いいたします。

↑ページトップ