デルフラー

ドイツを代表する弓製作工房デルフラー。初代ダニエル・デルフラーが弓製作を始めたのは、1940年ごろ現在のチェコ共和国においてでした。第二次世界大戦後の混乱の中、南ドイツのミッテンヴァルトに移りましたが、1950年にはニュルンベルク近郊のブーベンロイトに移住し、工房を開設。以来、息子のエギディウス、さらに孫のギュンターとウォルフガングの二人が伝統を守り続け、ドイツ有数の工房として世界中の弦楽器専門家から信頼を集めています。

現在は第四世代に当たるギュンターの息子ローランド、ウォルフガングの息子アンドレアスが工房を支え、さらに国家認定のマイスター資格を持つギュンター・シュペートリング(2013年に北京弓製作コンペティションにおいてチェロ弓でゴールドメダル受賞)とデルフラー家が厚く信頼を寄せるオズワルド・ヴァイスの二人のベテラン職人がマスターボウを担当、入門用からマスターボウまで幅広い価格帯の弓を製作しています。

デルフラー
左:アンドレアス・デルフラー/右:ローランド・デルフラー
デルフラー
左:ギュンター・シュペートリング/右:オズワルド・ヴァイス
デルフラー
アンドレアス・デルフラー VN-150
デルフラー
エギディウス・デルフラー チェロ弓「北京コンペティションモデル」
デルフラー
アンドレアス・デルフラー CB-320

デルフラーの楽弓について、モデルや価格などの詳細は【弦楽器カタログ2020】をご覧ください。

Back to Top